たくさんの書類が必要になる


住宅ローンの借り換えを行なう際、たくさんの書類が必要です。
それでは、どのような書類が必要になるのかここでご案内致しましょう。
ローンの変更をする際に必要な書類の一つ目は、本人確認書類です。
住民票や免許証のコピー、健康保険証などが必要になります。そのほかには、勤続年数が確認出来るものや、印鑑証明3通が必要です。印鑑証明が3通必要な理由は、保証会社用、銀行用、抵当権設定のための登記用に各1通ずつ必要になるためです。
二つ目は、所得証明関係書類です。
この書類は職業によって必要書類が異なります。
自営業者の必要書類は、確定申告書や納税証明書となります。
企業経営者の必要書類は、決算書類や住民税決定通知書となります。
給与所得者の必要書類は、住民税決定通知書、又は会社から発行される源泉徴収票となります。
三つ目は、物件関係書類です。
建築請負契約書のコピー、建築見積書、建築確認通知書のコピー、付近案内図、建物の立体図や平面図や配置図などが必要になります。
必要書類については、金融機関によって異なりますので、事前に利用先の金融機関に確認すると良いと思います。
万が一、書類に不備があった場合には手続きが進まなくなり、ローンの変更が遅れてしまいますので、必要書類の確認は、必ずご本人が行なうようにしたほうが良いでしょう。

必要になる書類はたくさんある


住宅ローンを借り換える際に、必要になる書類はたくさんあり、入手先も異なるので紹介したいと思います。
借り換え先の金融機関から入手することが出来る書類は、ローン借入申込書です。
他に保証料があるという場合は、保証委託申込書も金融機関から入手することが出来ます。
それから、団体信用生命保険に加入する場合は、健康診断書も必要になりますので、健康診断を行っている病院で健康診断書を発行してもらって下さい。
次に、自分で入手する必要がある書類について紹介します。
会社に勤めていて給料をもらっている人は、源泉徴収票や給与証明書が必要となりますので、会社から入手しましょう。
企業経営をしている方は、住民税決定通知書や公的収入証明書が必要となりますので、市区町村の役場などから入手しましょう。
自営業をしている方は、確定申告書や納税通知書が必要となりますので、税務署などから入手しましょう。
その他にも、物件を確認するための売買契約書や購入をした物件の登記簿謄本などが必要になりますので、登記所や法務局、売主などから入手しましょう。
また、免許証や健康保険証など、本人確認が出来る書類も必要となりますので、コピーをしておきましょう。住民票や印鑑証明などの書類は、市区町村の役場などから入手出来ます。
今紹介したように、たくさんの必要書類をそれぞれの入手先から入手して、揃えなくてはなりません。
しかし、会社で働いている方などは、市区町村の役場や法務局や税務署から自分で書類を揃えることが出来ない場合もあると思います。
地域の役場によっては、土曜日も開いているところもあるので、事前にチェックをしておくと、とどこおりなく書類を揃えることが出来て良いでしょう。
住宅ローン シミュレーションの変更をする際は、沢山の書類が必要ですので、書類に不備がないように事前に必要書類についてチェックしておきましょう。
住宅ローンの借り換えの手続きをスムーズに行なう為には、事前に確認をしておくことが重要なのです。

新着情報

◆2014/09/30
たくさんの書類が必要になるの情報を更新しました。
◆2014/04/21
サイトマップの情報を更新しました。
◆2013/10/03
管理運営者詳細情報を新規投稿しました。
◆2013/10/03
サイトに関するお問い合わせフォームを新規投稿しました。
◆2012/11/05
入念に確認を新規投稿しました。